台湾、香港、中国、の中国語を使い分けて翻訳することで、売上の向上を図ります

台湾、香港、中国、それぞれの中国語を使い分けて翻訳いたします

中国語は、簡体字、繁体字という文字だけでなく、中国、台湾、香港など地域によって用語や表現が異なります。これらの中国語を使い分けて翻訳するために、私たちは各エリアの中国語ネイティブ翻訳者と提携し、品質管理工程にも個別の細かい基準を設けて、品質管理を徹底しています。

簡体字と繁体字の文字の違いについて、例を挙げてみます。例えば、マクドナルドなら、中国で「麦当劳」、台湾と香港では「麥當勞」と表記されます。この二つは、表現は同じですが、漢字が異なります。

簡体字と繁体字の文字の違いについて、例を挙げてみます。
  日本語   台湾・中国語繁体字   中国・中国語簡体字
マウス 滑鼠 鼠标
ICチップ IC IC
お出かけスポット 出遊景點 出行景点
互い違いに座る
(感染防止対策)
梅花式 棋盘式

やっかいなのは、表現自体が異なるものです。例えば、コンピュータやIT分野の、「マウス」や「ICチップ」、観光地の紹介文「お出かけスポット」などは、漢字だけでなく、表現そのものが、地域によって異なります。

飲食店の新型コロナウィルス感染防止対策の配席「互い違いに座る」も、中国と台湾では右表のように違う表現が使われています。

さらに掘り下げて見ていくと、実は、名詞だけでなく、副詞や動詞、助詞の使い方、文の構造や表現も地域によって表現が異なります

さらに掘り下げて見ていくと、実は、名詞だけでなく、副詞や動詞、助詞の使い方、文の構造や表現も地域によって表現が異なります。そのため、中国語に翻訳するときは、まず、対象読者や使用地域を明確にすることが必要です。また、二言語とも翻訳が必要な場合は、納期と予算に応じて作業フローを予め検討する必要があります。

    中国語   台湾語
もう、ご飯食べた? 吃飯了嗎? 呷飽沒?
ありがとう 謝謝 多謝

最後に、「台湾語」とは中国語とは別の言語です。主に話し言葉として使われています。新聞や小説、ビジネス文書は一般的に中国語が使われているため、翻訳するときも、台湾語ではなく、「台湾で使われている繁体字の中国語」となります。 台湾語と中国語の違いを動画でご紹介しています。詳しくはこちら


地域別の中国語に翻訳することで、ビジネスがスムーズに進みます

翻訳ジャンルに関わらず、ターゲットにあわせて中国語の文章を書くことが大切です

ターゲットへの訴求効果が増し、売上が向上

契約書の締結までのスピードが早まり、納期が短縮

申請書類がすぐに受理され、手続きが迅速に完了

中華圏全域をターゲットとして、中国語二言語をまとめて作ることもできます

インバウンド観光分野や会社ウエブサイト、商品マニュアルなどのように、簡体字バージョンと繁体字バージョンの両方を作るほうがよい場合もあります。二言語同時に作成する場合、納期や予算、また希望の仕上がり具合によって、作業フローが変わってきます。

1言語のみ作成 2言語まとめて作成
言語 日本語から繁体字に翻訳 日本語から簡体字に翻訳 最初に繁体字に翻訳して、次にソフトで文字を自動変換 最初に繁体字に翻訳して、次に繁体字から簡体字にリライト 繁体字への翻訳と、簡体字への翻訳を別々で同時に作業する
訴求効果
仕上り 用語や表現が完全一致 用語は異なる、表現は比較的似ている 用語も表現も、まったく異なる
作業時間
1言語の翻訳速度と同じ

1言語の翻訳速度の1.5倍

1言語の翻訳速度と同じ
料金 8円 9円 9円 14円 17円
※料金はいずれも、原文が日本語の場合の、原文1文字あたりの単価です。

中国語を専門とする当社だから、安心して、ご利用いただけます

当社は中国語言語のプロというだけでなく、翻訳会社として、作業と品質を効率よく進めるための専門的な体制を整えています。

どんな分野でも翻訳ができるのか? 得意、不得意はないのか?

翻訳会社によって得意とする分野は異なります。当社はシステム、IT、契約、機械、マーケティングなどが得意です。……詳しくみる

どんな翻訳者が翻訳するのか? 資格を持ったプロなのか?

言語の有資格者で、実績三年以上、試験に合格したプロの翻訳者が担当いたします。……詳しくみる

翻訳料金はどのように計算されるのか? 安いのか、高いのか?

台湾で品質管理をすることで、日本の相場よりリーズナブルな料金で高品質な翻訳が可能です。……詳しくみる

セキュリティや機密保持は問題ないのか? 安全なのか?

すべてのプロセスにおいてNDAを締結し、作業者すべての管理を徹底しています。……詳しくみる

お問い合わせ台湾、香港、中国の中国語の違いについて詳しくご説明いたします

使用エリアや読者対象によって、どのような中国語に翻訳するのがいいか。経験豊かな翻訳コーディネーターがわかりやすくご説明いたします。お気軽にお問合せください。

日本

050-5532-2926

台湾

02-2765-2925

受付時間/日本時間 平日10:00~19:00
受付時間/台湾時間 平日9:00~18:00

→ メールで問い合わせる